2007年01月20日

寒さに負けない物がある

「ただいま新築工事中」NO.49 by湘南の工務店アシストホーム


こんにちは。監督Kです。

今日は朝から雨で、足先から指先まで冷たくなりました困った

よく考えてみると、この時期はこのくらいの寒さが普通だったような気がします。

今まではかなり暖かかったんですね。

恐るべし、温暖化太陽

温暖化の事を考えると、これからはエネルギー消費の少ない住宅が必要になってきますね。

それにはまずエネルギーロスをしないことが重要になってきます。

そこで弊社の特徴である遮熱材

今日は昼ごろにS様邸に行ってきましたが、建物の中はほんのり暖かい。

建物の中には大工さんと電気屋さんがいて、暖房はありません。

発熱している物といえば、照明くらいです。

少しの熱源で室内は暖かい。

外からの冷気を遮断し、内部の熱は逃がさない。

改めて遮熱材のすごさを実感。

このすごさは言葉にするだけでは伝わらないなぁ・・・

温度計でも買ってきて室内外の温度差でも測定すればわかりやすいかな。

これは実際に体験すると、驚きと感動がドバァーと押し寄せてきますよ!





さて、長話はこの辺にして本日のS様邸です。
4bf51391.jpg


外壁がだいぶ張られてきました。


白い外壁面が建物正面。側面はクリーミーな茶色。
c058aef4.jpg


また、正面と側面では外壁表面の表情が違います。

側面はフラットな木目調。

正面は少し段のついたよろい張り風のもの。

注意監督Kの建築用語集
よろい張り(ヨロイバリ)
→上の板の端が下の板の外側になるように重ねて張っていく方式のもの。簡単にいうと重ね張り。


よろい張りにすると日照によって外壁表面の陰影が変化するので豊かな表情を演出します。

この外壁材を正面と裏面に使用します。

↓こちら裏面。
fc13c312.jpg


また、2階の外壁の色も違う物を使いますから仕上がりを楽しみにしていてください。

↓外壁屋さんです。
bb89fe2f.jpg


パイプ1本の足場にうまく足を絡めて作業をしています。

なんとも見事な身のこなしですダンス



大工さん、もう1階の床は終わっているようです。
076e788f.jpg


フロアの上に敷いてある薄い茶色の板は養生板です。

工事中に床に傷が付かない様に守ってくれる頼れるヤツです。

養生板の周りのピンク色の物は、板が動かない様にするための養生テープです。

このテープは養生用に粘着力が弱くなっているのでフロアを傷めません。

以前、粘着力の強い物を使ってしまい、フロアの表面がはげてしまったことがありました。

張替えです。張替え。

1ヶ月以上養生しておくのでくっついてしまった様です。


↓これは大工さんが使っていたでっかいホッチキスの芯です。
26e471d2.jpg


右から、

2階の床の防音ボードに使用した物(長さ25?くらい)、

1階フロアと止めた物(30?くらい)

2階のフロア用にこれから使用する物(50mmくらい)、です。

1階と2階で長さが違うのはなぜだと思いますか?

答えは・・・

2階には防音ボードを敷いているので、1階よりも荒床までの厚みが増します。

そのため、長い物を使うのです。

理由は簡単ですね笑顔



外壁屋さんも工事を始めて、S様邸もだいぶ家らしくなってきました。

外部の工事が終わり、足場の外れる日が楽しみです音符




監督Kが参加している『人気ブログランキング』
ありがたいことに現在50位くらいに戻ってまいりました。
皆さんのおかげです。
これからも家づくりの参考になるよう、がんばります!
応援クリックをよろしくお願いします!
にっこりここをクリックしていただくと一票入ります。ご協力いただければうれしいです
(1日1クリックしか票になりません)
ちなみにクリックしていただくと
他の家造りブログのランキング表をみることができます。
参考になると思います。

監督Kより走る

at 22:58│ 屋根・板金・外部